大会概要


ADOBE READER

PDFファイルの閲覧・印刷には、
アドビシステムズ社が配布している
Acrobat Readerが必要です。

第10回大阪マラソン・第77回びわ湖毎日マラソン統合大会 兼 ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ 兼 オレゴン2022世界陸上競技選手権大会マラソン日本代表選手選考競技会 兼 杭州2022アジア競技大会マラソン日本代表選手

主催

(公財)日本陸上競技連盟、大阪府、大阪市、(公財)大阪陸上競技協会

共催

読売新聞社、毎日新聞社、NHK

主管

(公財)大阪陸上競技協会

オフィシャルスポンサー

大阪市高速電気軌道株式会社、株式会社オプテージ、ミズノ株式会社、 株式会社ダスキン、大和ハウス工業株式会社、株式会社三菱UFJ銀行、他

期日

2022年2月27日(日) 9時15分スタート

コース

大阪マラソンコース(日本陸上競技連盟・WA/AIMS公認コース)
大阪府庁前スタート−大阪城公園内フィニッシュ42.195km
マラソンの他に、20km、ハーフ、25km、30kmの記録が公認される。ただし、完走した競技者が対象。

参加資格

本大会はジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ男子グレード1、女子グレード2の大会として実施する。

  1. 次の@Aの条件を満たす競技者
    @ 2021年度日本陸上競技連盟登録競技者で大会当日満19歳以上の者
    A 国内外の公認競技会で2018年12月1日以降、申込期日までに下記の公認記録を出した者
    男子 マラソン 2時間28分00秒以内
      ハーフマラソン 1時間08分30秒以内
      30km 1時間40分00秒以内
      20km 1時間04分00秒以内
      10000m 31分00秒以内
         
    女子 マラソン 3時間00分00秒以内
      ハーフマラソン 1時間20分00秒以内
      30km 2時間02分00秒以内
      20km 1時間16分00秒以内
      10000m 35分00秒以内

  2. 主催者が推薦する男女競技者
  3. 主催者が招待する外国・国内男女競技者

競技方法

ワールドアスレティックス(WA)ならびに2021年度日本陸上競技連盟規則及び本大会規定による。なお、本大会は、WAが認定するエリートラベルレースであり、WA Road Race Label Regulations(WAロードレースラベリング規定)も適用される。

定員

男女計300人程度
※新型コロナウイルス対策、大会運営上で基準を設ける場合がある。

参加料等

24,000円(チャリティ募金1,000円を含む)
※ただし、統合大会初年度としてエリート部門は強化費として毎日新聞社より10,000円の補助がでるため、14,000円を振り込むこと。

参加申込

  1. 申込期間  2021年12月1日(水)〜2022年1月21日(金)必着
  2. 申込方法  
    詳細は12月1日に本ホームページに掲載するので、そちらから申し込むこと。

出場通知

1月31日頃、参加案内、アスリートビブス引換証とともに送付する。

表彰

統合大会の総合成績で男女第1位から第8位を表彰する。

選手受付

2022年2月26日(土)13:00〜18:00 ホテルニューオータニ大阪
※体調チェックが必要なため選手本人が行うこと。

スペシャルドリンク受付

2022年2月27日(日)
6:00〜6:30 ホテルニューオータニ大阪
6:30〜7:00 スタート会場(大阪府庁付近)
※希望者は申込時に事前記載のこと

個人情報の取扱について

  1. 主催者及び共催者は個人情報の保護法令を遵守し、大阪マラソン組織委員会のプライバシーポリシーに従って個人情報を取り扱う。
    プライバシーポリシーは、https://www.osaka-marathon.com/2022/policy を参照。なお、取得した個人情報は、大会の資格審査、プログラム編成及び作成、記録通知、大会関連情報の通知、医療救護(新型コロナウイルス対応含む)、記録発表、公式ホームページその他競技運営及び陸上競技に必要な連絡等に利用する。
  2. 本大会はテレビ放送及びインターネットで動画配信を行うことがある。
  3. 大会の映像・写真・記事・個人記録等は、主催者、共催者及び主催者、共催者が承認した第三者が大会運営及び宣伝等の目的で、大会プログラム・ポスター等の宣伝材料、テレビ・ラジオ・新聞・ 雑誌・インターネット等の媒体に掲載することがある。
  4. 大会の映像は主催者及び共催者の許可なく第三者がこれを使用すること(インターネットにおいて画像や動画を配信することを含む)を禁止する。

ドーピング・コントロール

  1. WA アンチ・ドーピング規則及び規程、もしくは日本アンチ・ドーピング規程に基づくドーピング・コントロール対象大会である。本大会の前もしくは後のドーピング検査では、尿又は血液 (或いは両方) の採取が行われる。該当者は指示に従って検査を受けること。競技会時、ドーピング検査の対象となった場合、顔写真付きの身分証明書が必要となる。顔写真のついた学生証、社員証、運転免許証、顔写真が鮮明なパスポートコピーなどを持参すること。
  2. TUE申請について
    禁止表国際基準で定められる禁止物質・禁止方法を病気の治療目的で使わざるを得ない競技者は“治療使用特例(TUE)”の申請を行わなければならない。詳細については、日本陸連医事委員会のホームページ
    http://www.jaaf.or.jp/medical/index.html、又は日本アンチ・ドーピング機構ホームページhttp://www.playtruejapan.org/を確認すること。
  3. 本競技会参加者は、本大会において行われるドーピング検査(尿・血液等検体の種類を問わず)を拒否又は回避した場合、検査員の指示に従わない場合、帰路の移動等個人的諸事情によりドーピング検査手続きを完了することができなかった場合等は、アンチ・ドーピング規則違反となる可能性がある。アンチ・ドーピング規則違反と判断された場合には、日本アンチ・ドーピング規程に基づき制裁等を受けることになるので留意すること。
  4. 競技会・競技会外検査を問わず、血液検査の対象となった競技者は、採血のため、競技/運動終了後2時間の安静が必要となるので留意すること。

※日本アンチ・ドーピング規程の詳細内容及びドーピング検査については、日本アンチ・ドーピング機構のホームページhttp://www.playtruejapan.org/ を確認すること。

その他

  1. 健康検査は行わない。各人の責任で事前に健康診断を受けることが望ましい。
  2. 競技中発生した傷害、疾病については、主催者は応急処置を行う。 以降の責任は負わない。
  3. 出場確定後やむをえず棄権する者は、棄権届を大会事務局へ提出のこと。
  4. 新型コロナウイルスの感染状況により、要項の内容を変更することがある。新型コロナウイルスの感染状況や地震、風水害などの災害のため、安全な大会運営が困難と判断した場合には、大会を中止する。大会中止の場合の参加料等については、中止までに要した経費等を差し引いた上で主催者が返金の有無及び金額を決定する。
  5. 新型コロナウイルス感染症対策に伴う特記事項
  • 本大会は、(公財)日本スポーツ協会ほかの「スポーツイベントの再開に向けた感染拡大予防ガイドライン」と日本陸連の「ロードレース再開についてのガイダンス」に従い、新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえた対策を行った上で開催する。
  • 感染症対策に協力いただけない場合は、参加をお断りする。
  • 新型コロナワクチンの接種が可能な方は、大会前に接種を受けることを推奨する。
  • 今後の新型コロナウイルス感染症の感染状況によって、追加の対応や負担をお願いすることがある。詳細については、本サイトもしくは下記のウェブサイトを確認のこと。
    https://www.osaka-marathon.com/2022/info/covid19/
  • 国籍を問わず全ての入国者には、日本政府が定める水際対策に基づいた対応が求められ、これに伴う移動や隔離措置等にかかる費用は、自己負担となる。詳細は、厚生労働省ホームページを参照のこと。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou
    _00001.html#Q1-1

エリート部門 大会事務局

〒530-8251 大阪市北区梅田3-4-5
毎日新聞社 大阪事業本部内 統合大会事務局
TEL 06-6346-8249
Mail jigyoubu@pearl.ocn.ne.jp