大会の歴史

大会の歴史

第66回大会

←前の大会

次の大会→


大会名:第66回びわ湖毎日マラソン大会 兼
第13回世界陸上競技選手権大会代表選手選考競技会
日 時:2011年3月6日12時30分スタート
天 候:曇り、温度11.0度、湿度57%、南南西0.8m
コース:大津市・皇子山陸上競技場発着−新瀬田浄水場折返
出場者:出場205人、完走156人


大会新のキプサング

ウィルソン・キプサング(ケニア)が2時間6分13秒の大会新記録で優勝した。日本勢は、一般参加の堀端宏行(旭化成)が2時間9分25秒で3位、4位に2時間9分31秒で中本健太郎(安川電機)が入り、両選手が世界陸上の代表となった。キプサングは26km過ぎ、13人の集団から抜けだし、28km付近からはデリバ・メルガ(エチオピア)と並走。38km過ぎに鮮やかなスパートでメルガを振り切り3分もの大差をつけて独走し、世界の力を見せつけた。第2グループから30kmで抜け出した堀端と今井正人(トヨタ自動車九州)は32km手前で接触、転倒しそうになるハプニングがあった。堀端は「こんなことで負けられない」と発奮材料に変え37km過ぎで引き離し、代表内定となる9分30秒を切って3位。4位の中本は後半追い上げ、自己記録を2分11秒縮めた。


順位 氏名 都道府県 (所属) 記録
1 W・キプサング ケニア  2:06:13 
2 D・メルガ エチオピア  2:09:13 
3 堀端 宏行 宮崎 (旭化成)  2:09:25 
4 中本 健太郎 福岡 (安川電機)  2:09:31 
5 M・カンゴゴ ケニア  2:09:48 
6 今井 正人 福岡 (トヨタ自動車九州)  2:10:41 
7 吉井 賢 長崎 (SUMCO)  2:10:45 
8 糟谷 悟 愛知 (トヨタ紡織)  2:11:17 
9 林 昌史 東京 (ヤクルト)  2:11:19 
10 五ヶ谷 宏司 東京 (JR東日本)  2:12:07 

←前の大会

次の大会→