大会の歴史

大会の歴史

第61回大会

←前の大会

次の大会→


大会名:第61回 びわ湖毎日マラソン大会 兼
アジア大会(ドーハ)代表選手選考会
日 時:2006年3月5日12時30分スタート
天 候:晴れ、気温12.0度、湿度52%、南南西の風1.3m
コース:大津市・皇子山陸上競技場発着―草津市新浜周回
出場者:出場151人、完走103人


2度目の優勝、スペインのリオス

2年前に初マラソンで初優勝を飾ったホセ・リオス(スペイン)が2時間9分15秒で優勝。松宮隆行(コニカミノルタ)が2時間10分20秒で、日本人トップの2位に入った。平坦な「高速コース」らしく、前半はハイペースで展開。20km付近では先頭集団は16人が残った。だが、晴天で気温が上がってくると、連覇を狙ったジョセフ・リリ(ケニア)が脱落。アトランタ五輪銀の李鳳柱(韓国)や期待された佐藤敦之(中国電力)らも棄権する過酷なサバイバルレースとなった。リオスは左足の痛みに耐えて逃げ切り、3秒差で2位に終わった昨年の雪辱を果たした。


順位 氏名 都道府県 (所属) 記録
1 J・リオス スペイン  2:09:15 
2 松宮 隆行 東京 (コニカミノルタ)  2:10:20 
3 大崎 悟史 大阪 (NTT西日本)  2:10:49 
4 L・シュベツォフ ロシア  2:10:59 
5 P・オルメド メキシコ  2:11:59 
6 小島 宗幸 宮崎 (旭化成)  2:12:28 
7 清水 将也 宮崎 (旭化成)  2:12:31 
8 福岡 耕一郎 長崎 (三菱重工長崎)  2:14:00 
9 松浦 仁一 埼玉 (ホンダ)  2:14:47 
10 河野 隼人 愛知 (早稲田大)  2:15:11 

←前の大会

次の大会→