大会の歴史

大会の歴史

第59回大会

←前の大会

次の大会→


大会名:第59回 びわ湖毎日マラソン大会 兼
アテネオリンピック男子マラソン代表選考会
日 時:2004年3月7日12時30分スタート
天 候:雪、気温5.0度、湿度84%、北の風3.3m
コース:大津市・皇子山陸上競技場発着―草津市新浜周回
出場者:出場192人、完走140人


初マラソンで優勝したリオス

小島忠幸(旭化成)が2時間8分18秒で2位に入った。優勝はマラソン初挑戦のホセ・リオス(スペイン)。タイムは大会歴代3位の2時間7分42秒だった。有力選手では、佐藤敦之(中国電力)が4位、武井隆次(エスビー食品)は10位に沈んだ。一方、5位の高塚和利(小森コーポレーション)、6位の松宮祐行(コニカミノルタ)ら、一般参加選手が5〜9位に食い込んだ。


順位 氏名 都道府県 (所属) 記録
1 J・リオス スペイン  2:07:42 
2 小島 忠幸 宮崎 (旭化成)  2:08:18 
3 W・オンサレ ケニア  2:08:33 
4 佐藤 敦之 広島 (中国電力)  2:08:36 
5 高塚 和利 茨城 (小森コーポレーション)  2:08:56 
6 松宮 祐行 東京 (コニカミノルタ)  2:09:25 
7 渡邉 真一 兵庫 (山陽特殊製鋼)  2:09:55 
8 小島 宗幸 宮崎 (旭化成)  2:10:07 
9 迎 忠一 東京 (コニカミノルタ)  2:11:01 
10 武井 隆次 東京 (エスビー食品)  2:11:42 

←前の大会

次の大会→