大会の歴史

大会の歴史

第57回大会

←前の大会

次の大会→


大会名:第57回 びわ湖毎日マラソン大会 兼
釜山アジア大会代表選手最終選考会
日 時:2002年3月3日12時30分スタート
天 候:晴れ、気温9.2度、湿度60%、北北東の風1.8m
コース:大津市・皇子山陸上競技場発着─草津市新浜周回
出場者:出場174人、完走131人


優勝のテープを切る武井隆次

30歳の武井隆次(エスビー食品)が、今季日本最高で日本歴代12位となる2時間8分35秒で初優勝した。日本選手の優勝は98年の小島宗幸(旭化成)以来4年ぶり。諏訪利成(日清食品)が30km以降、首位を独走すると、武井が追い上げて36km過ぎでトップに立った。2位はシドニー五輪8位のモハメド・ウアーディ(フランス)。4位の諏訪、5位の浜野健(トヨタ自動車)も2時間10分を切った。2連覇を狙ったアントニオ・ペーニャ(スペイン)は14位。


順位 氏名 都道府県 (所属) 記録
1 武井 隆次 東京 (エスビー食品)  2:08:35 
2 M・ウアーディ フランス  2:09:00 
3 F・キプロプ ケニア  2:09:08 
4 諏訪 利成 東京 (日清食品)  2:09:10 
5 浜野 健 愛知 (トヨタ自動車)  2:09:18 
6 岩佐 敏弘 徳島 (大塚製薬)  2:10:17 
7 小出 真義 埼玉 (自衛隊体育学校)  2:11:03 
8 安生 充宏 千葉 (富士通)  2:11:18 
9 野口 英盛 千葉 (順大)  2:11:20 
10 方山 利哉 広島 (NTT西日本)  2:11:22 

←前の大会

次の大会→