大会の歴史

大会の歴史

第53回大会

←前の大会

次の大会→


大会名:第53回 びわ湖毎日マラソン大会 兼
第82回 日本陸上競技選手権 男子マラソン
日 時:1998年3月1日12時30分スタート
天 候:雨、気温9.0度、湿度86%、北北西の風1.2m
コース:大津市・皇子山陸上競技場発着―草津市新浜周回
出場者:出場160人、完走138人


優勝した小島宗幸

22歳でマラソン4回目の小島宗幸(旭化成)が、日本選手として大会最高記録(大会歴代2位)の2時間8分43秒で初優勝を果たした。小島は弟の忠幸(旭化成)らとともに、中盤からレースを引っ張り、35km付近でスパートして逃げ切った。日本選手の優勝は3年ぶり。小島の優勝記録は、福岡国際(12月7日)2位の早田俊幸(アラコ)の2時間8分7秒に次ぎ今季2位。日本歴代は7位。忠幸も5位。2連覇を狙ったマルティン・フィスは2位。97年2月の東京国際を制した清水康次(NTT中国)が3位に入った。上位3人が2時間10分の壁を突破し、4人が10分台を切った97年に続いての高速レースとなった。


順位 氏名 都道府県 (所属) 記録
1 小島 宗幸 宮崎 (旭化成)  2:08:43 
2 M・フィス スペイン  2:09:33 
3 清水 康次 広島 (NTT中国)  2:09:57 
4 三木 弘 宮崎 (旭化成)  2:10:01 
5 小島 忠幸 宮崎 (旭化成)  2:12:43 
6 池田 克美 東京 (NEC)  2:14:23 
7 岩本 照暢 滋賀 (積水化学)  2:14:24 
8 小林 正明 兵庫 (山陽特殊製鋼)  2:14:24 
9 T・ゲブレ 東京 (テクモ)  2:14:28 
10 綱崎 真二 福岡 (九電工)  2:14:32 

←前の大会

次の大会→