大会の歴史

大会の歴史

第51回大会

←前の大会

次の大会→


大会名:第51回 びわ湖毎日マラソン大会
日 時:1996年3月3日12時30分スタート
天 候:曇り、気温8.5度、湿度45%、北の風2.5m
コース:大津市・皇子山陸上競技場発着―草津市新浜周回
出場者:出場163人、完走125人


大会新記録で初優勝のヨアキム・ピネイロ

大会史上初めて2時間10分の壁が破られた。35歳のベテラン、ヨアキム・ピネイロ(ポルトガル)が、第50回大会で中村祐二(山梨学院大)の作った大会記録を1分17秒縮める2時間9分32秒の大会新記録で初優勝を飾った。外国人選手の優勝は、第47、48回大会を連覇したマイク・オレイリー(英国)以来、3年ぶり10回目(8人目)。2位のエリック・ワイナイナ(コニカ)も大会新記録。上位5位までを外国人選手が独占した。日本勢は田幸寛史(エスビー食品)の6位が最高。初マラソンの渡辺康幸(早大)は35kmまで優勝争いに加わる健闘を見せたが終盤失速し、初マラソン日本歴代10位の2時間12分39秒で7位だった。


順位 氏名 都道府県 (所属) 記録
1 J・ピネイロ ポルトガル  2:09:32☆
2 E・ワイナイナ コニカ  2:10:37☆
3 A・メコネン エチオピア  2:11:55 
4 P・キャロル オーストラリア  2:12:00 
5 T・ネゲレ エチオピア  2:12:11 
6 田幸 寛史 東京 (エスビー食品)  2:12:24 
7 渡辺 康幸 千葉 (早大)  2:12:39 
8 米原 正人 鳥取 (芙蓉)  2:12:46 
9 大江 英之 神奈川 (富士通)  2:12:57 
10 夏目 勝也 愛知 (トヨタ自動車)  2:13:06 
☆は大会記録

←前の大会

次の大会→