大会の歴史

大会の歴史

第49回大会

←前の大会

次の大会→


大会名:第49回 毎日国際マラソン 兼
第78回 日本陸上競技選手権大会
第12回 アジア競技大会広島1994 代表選手選考会・リハーサル大会
日 時:1994年3月6日12時30分スタート
天 候:晴れ、気温7.5度、湿度30%、東南東の風0.8m
コース:広島ビッグアーチ−廿日市市地御前折り返し−平和記念公園
出場者:出場106人、完走86人


ガッツポーズでゴールインする鈴木

会場を例年の琵琶湖畔から広島に移しての大会は、後半独走に入った鈴木賢一(富士通)が2時間11分5秒で初優勝。日本勢の制覇は、第44回大会の小指徹(ダイエー)以来5年ぶり。2位には一般参加で初マラソンの田幸寛史(エスビー食品)、3位には昨年2位のウィスロー・ペルスケ(ポーランド)が入った。


順位 氏名 都道府県 (所属) 記録
1 鈴木 賢一 神奈川 (富士通)  2:11:05 
2 田幸 寛史 東京 (エスビー食品)  2:11:35 
3 W・ペルスケ ポーランド  2:11:52 
4 川嶋 伸次 宮崎 (旭化成)  2:11:53 
5 J・マレマネ 南アフリカ  2:12:10 
6 倉林 俊彰 富山 (YKK)  2:12:33 
7 A・ロドリゲス ポルトガル  2:13:53 
8 比嘉 正樹 東京 (資生堂)  2:14:30 
9 大家 正喜 京都 (佐川急便)  2:14:33 
10 佐々木 直文 神奈川 (富士通)  2:15:56 

←前の大会

次の大会→