大会の歴史

大会の歴史

第30回大会

←前の大会

次の大会→


大会名:第30回記念 毎日マラソン
日 時:1975年4月20日13時スタート
天 候:くもり、気温17度、湿度54%、東南東の風0.5m
コース:大津市・皇子山陸上競技場発着−近江大橋−守山市元町折り返し
出場者:出場90人、完走74人


4度目の優勝を果たした宇佐美

宇佐美彰朗の実力と経験が存分に発揮された。モントリオールのプレ・オリンピック派遣をかけたレースは、4月としては気温が低く微風の好条件。宇佐美は31キロでスパートして自身4度目の優勝を果たした。2位・服部(東農大助手)、3位・世利(九州電工)、6位・阪本(日立造船)ら若手には自信をつける収穫があり、前半のオーバーペースで脱落した浜田も一度は歩きながら完走した。


順位 氏名 都道府県 (所属) 記録
1 宇佐美 彰朗 東京 (東海大教)  2:12:40 
2 服部 誠 神奈川 (東農大助手)  2:16:29 
3 世利 重樹 福岡 (九州電工)  2:16:59 
4 佐藤 進 宮崎 (旭化成)  2:17:04 
5 田中 末喜 三重 (東洋ベアリング)  2:17:37 
6 阪本 峰照 広島 (日立造船)  2:17:46 
7 水上 則安 福岡 (新日鉄)  2:19:46 
8 森 勇治 静岡 (大昭和製紙)  2:19:59 
9 平井 勝昭 福岡 (黒崎窯業)  2:20:18 
10 渡辺 康徳 福岡 (九州電工)  2:20:27 

←前の大会

次の大会→