大会の歴史

大会の歴史

第19回大会

←前の大会

次の大会→


大会名:第19回 毎日マラソン 兼
第48回 日本選手権大会
東京オリンピック最終選考
日 時:1964年4月12日12時スタート
天 候:曇り、気温15.5度、湿度70%、北東の風0.8m
コース:東京国立競技場発着−調布市飛田給町折り返し
出場者:出場75人


2連覇でゴールする君原

東京五輪の年。その代表選考会と運営の最終リハーサルを兼ね、前年に続きオリンピックと同じコースを使用して行われた。東京・国立競技場をスタート、調布市飛田給町を折り返す甲州街道コースに75人が出場して行われた。レースは君原健二(八幡製鉄)、円谷幸吉(郡山自衛隊)、寺沢徹(倉レ)の3人を軸に展開されたが、35キロ過ぎから独走態勢を築いた君原が2時間17分11秒4の大会新記録で2連覇を飾った。連覇は第1回大会から3連覇の古賀新三(三井山野)に続き史上2人目。2位にはマラソン2回目の円谷が入った。3位の寺沢までが大会記録を更新した。また、同日、東京都内で開かれた代表選考委員会で3位までの君原、円谷、寺沢がそっくり東京オリンピック代表に決まった。


順位 氏名 都道府県 (所属) 記録
1 君原 健二 福岡 (八幡製鉄)  2:17:11☆
2 円谷 幸吉 福島 (郡山自衛隊)  2:18:20☆
3 寺沢 徹 大阪 (倉レ)  2:19:43☆
4 土谷 和夫 宮崎 (日大)  2:20:28 
5 重松 森雄 福岡 (福岡大)  2:20:32 
6 渡辺 和己 福岡 (九州電工)  2:20:56 
7 船迫 義和 鹿児島 (日本澱粉)  2:21:18 
8 中尾 隆行 東京 (東急)  2:21:32 
9 唐沢 公雄 長野 (興亜電工)  2:22:05 
10 松原 一夫 山口 (鐘紡防府)  2:22:10 
☆は大会記録

←前の大会

次の大会→