大会の歴史

大会の歴史

第16回大会

←前の大会

次の大会→


大会名:第16回 毎日マラソン 兼
第45回 日本陸上競技選手権マラソン
日 時:1961年6月25日15時スタート
天 候:曇り、気温26度、湿度77%、北北東の風1m
コース:大阪・浜寺公園発着−住之江町、岸和田折り返し
出場者:出場47人、完走18人


圧勝でゴールするアベベ

前年のローマ五輪金メダリスト、アベベ・ビキラ(エチオピア)を招待し、大阪開催最後となった大会。大阪・浜寺公園を発着点で行われた。6月の開催で高温多湿に加え、詰めかけていた自動車、オートバイの伴走、排気ガスにアベベは苦しんだが圧勝の2時間29分27秒で優勝。ワミ・ビラツ(エチオピア)は裸足で走り2位に入った。


順位 氏名 都道府県 (所属) 記録
1 アベベ・ビキラ エチオピア  2:29:27 
2 ワミ・ビラツ エチオピア  2:39:51 
3 内川 義高 東京 (リッカー)  2:40:07 
4 鈴木 旺 神奈川 (明治製菓)  2:41:41 
5 橋口 敏夫 宮崎 (旭化成)  2:42:49 
6 中島 誠 福岡 (九州電工)  2:42:55 
7 越川 泰男 愛知 (中央発条)  2:44:08 
8 寺沢 徹 富山 (倉敷レ)  2:44:26 
9 奈須 又一 宮崎 (旭化成)  2:46:46 
10 五十嵐 喜一 北海道 (太平洋炭坑)  2:47:16 

←前の大会

次の大会→