大会の歴史

大会の歴史

第14回大会

←前の大会

次の大会→


大会名:第14回 毎日マラソン 兼
ローマ・オリンピック選手選考競技会
日 時:1959年5月10日12時スタート
天 候:晴れ、気温22度、湿度47%、北東の風0.3m
コース:大阪・住之江町スタート−毎日新聞大阪本社ゴール
出場者:出場43人、完走25人


笑顔で3回目の優勝を決めた広島

翌年に控えたローマ五輪の選考会を兼ね、大阪・住之江町をスタートし、南海沿線の忠岡町折り返して毎日新聞大阪本社前をゴールとする新コースで開催した。五月晴れに恵まれた好コンディションの中、30キロからトップに立った広島庫夫(旭化成)が内川(リッカー)の追撃を振り切り2時間30分6秒で2年ぶり3回目の優勝。3回優勝は第1回大会から3連覇した古賀新三(三井山野)以来で史上2人目。


順位 氏名 都道府県 (所属) 記録
1 広島 庫夫 宮崎 (旭化成)  2:30:06 
2 内川 義高 東京 (リッカー)  2:31:28 
3 石井 俊夫 東京 (小森印刷)  2:35:13 
4 小田 洋介 愛媛 (倉レ西条)  2:37:07 
5 吉成 昭二 宮崎 (旭化成)  2:39:26 
6 酒井 邦郎 東京 (リッカー)  2:40:54 
7 鈴木 旺 神奈川 (明治製菓)  2:42:04 
8 花原 寿 福岡 (麻生鉱業)  2:42:48 
9 金重 千之 山口 (宇部興産)  2:44:44 
10 筒井 昭 静岡 (鈴木自動車)  2:45:46 

←前の大会

次の大会→