大会の歴史

大会の歴史

第4回大会

←前の大会

次の大会→


大会名:第4回 全日本毎日マラソン
日 時:1949年5月8日11時2分スタート
天 候:
コース:大阪市・毎日新聞大阪本社前発着−国鉄池田駅折り返し
出場者:出場31人


毎日新聞大阪本社前をスタートし、市電道を走る選手たち

午前10時、毎日新聞大阪本社講堂での出発式に臨んだ精鋭31選手は平沼亮三・日本陸連会長らの激励を受け、選手を代表して古賀新三(三井山野)が宣誓。五月晴れ、新緑薫る毎日新聞大阪本社前から一斉にスタートを切り、国鉄池田駅を折り返す公認コースで行われたが、35キロ手前でスパートした山田三郎(岐阜青年)が4連覇を狙った古賀らを一気に抜いて初優勝。閉会式では優勝楯が山田に贈られた。


順位 氏名 都道府県 (所属) 記録
1 山田 三郎 岐阜 (岐阜青年)  2:40:32 
2 高木 作次郎 大阪 (国鉄吹田)  2:45:49 
3 一森 公夫 徳島 (鳴門AC)  2:47:07 
4 野田 義一 香川 (坂出クラブ)  2:49:56 
5 橋本 博 徳島 (鳴門AC)  2:53:32 
6 立光 繁行 長崎  2:54:27 
7 古賀 新三 福岡 (三井山野)  2:57:12 
8 大西 増夫 大阪 (鐘紡淀川)  2:59:50 
9 西郷 司 岩手  3:01:37 
10 馬場崎 文雄 福岡 (八幡製鉄)  3:01:45 

←前の大会

次の大会→